カラコンを使う上でどういうことに気をつけたらいいの?

清潔に扱うことが必要

カラコンはファッションアイテムの一つとして人気となっています。通販でも手ごろな価格で気軽に買えるようになりました。ただ、カラコンはコンタクトレンズ同様きちんと取り扱わないと、眼病など目へのリスクが高まります。

基本的にカラコンは、清潔に扱うことが必須です。コンタクトレンズも使用期限が長いものは、使用後にこすり洗いで洗浄してすすぎ、保存液に浸して消毒しておくなど、正しいケアをして保管しなければなりません。カラコンも商品によって使用期限があります。1日限りの使い捨てであるワンデータイプでないものは、専用の洗浄液や保存液を準備して清潔に保管してください。最近はマルチパーパスソリューションといって、1本で洗浄、すすぎ、保存、消毒ができる溶剤があります。こすり洗いやレンズケースの水洗い、乾燥は必要ですが、溶剤を何本も用意する必要はなく便利です。

レンズの使用期限を守る

また、カラコンの使用期限は必ず守るようにしてください。初心者の場合、清潔に保管することが面倒だったり難しいことがあるためワンデータイプのものがおすすめですが、長期間使用できるものよりも割高です。だからといって、ワンデータイプのものを何回も使用することは危険です。ワンデータイプの商品は1日に限り安全に使用できるように作られているので、勝手に何回も使用すると目にとって大変危険です。カラコンの使用方法をきちんと守るようにしましょう。

人気のあるカラコンですが、取り扱いには十分気をつけなければなりません。カラコンやコンタクトレンズは高度管理医療機器に当てはまります。実はカラコンは人工透析器や心臓ペースメーカーと同じクラスの医療機器なのです。それほど適正に扱う必要があるということです。水道水で洗うのはもってのほか、友達との貸し借りも絶対にやめましょう。

© Copyright Color Contact Lens. All Rights Reserved.